<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

コートダジュールのレモン

コートダジュールといえばレモンでも有名です。
毎年2月にレモン祭りが行われるマントンも当然ながらレモンの木がいたるところにありこの時期はレモンでいっぱい。

f0176612_624243.jpg実はレモンの木といえば大きな鉢に植えてあるものしか見たことがなかったので1本の木にこんなになるとは知りませんでした・・・



f0176612_6245446.jpgニースにあるミシュラン1つ星のレストランのオーナーシェフである松嶋啓介さんのブログによるとコートダジュールのレモンは「酸っぱくなくて、、、甘くてさっぱり、世界最高の商品」なのだとか。
そういわれてみると・・・確かに酸っぱすぎずフルーティーでさわやかな味です。




f0176612_6253734.jpgところでレモン絞り器が欲しくてあちこち探しましたがフランスでは見つけられず、、
日本のインターネットサイトでついにみつけたのは貝印のもの。
セラミック製のシンプルなデザインだけれど使いやすくて洗いやすくて便利です。
これでガンガン絞って美味しいレモンを堪能したいと思います。
[PR]
by deliciousnice | 2010-01-25 06:37 |

ポッキー

日本ではおなじみのグリコのポッキー
ヨーロッパではMIKADOという名前で売られているのは知っていましたが・・・

こんなに種類があったとは驚きでした。
f0176612_3134557.jpg
日本から遊びにきていた友達がお土産用に集めてみたら5種類もありました。

左の2つは新製品。
f0176612_3143549.jpg

ココナッツ味とピスタチオ味

ピスタチオというとビールのおつまみにそのまま食べるイメージでしたが
フランスではお菓子でもよくつかわれています。(もしかして最近は日本でも?)
私なら緑のアイスクリームといえばついついメロン味を想像してしまいますがフランス的にはピスタチオ味011.gif

日本が誇る昔ながらのお菓子・・・ちょっと売れ行きも気になります。
[PR]
by deliciousnice | 2010-01-19 03:29 |

ガレット・デ・ロワ

新年が明けると色々なサイズのガレット・デ・ロワがケーキ屋さんやパン屋さんにずらっと並びます。
一般的なものはパイ生地の中にアーモンドクリームが入ったものなのですが、南仏ではリング型をしたブリオッシュ生地にドライフルーツが入り砂糖漬けの果物がトッピングされたものもあります。
私が好きなのは一般的なパイ生地タイプ♡

f0176612_0452146.jpgf0176612_045513.jpg

このガレット・デ・ロワはフランスの伝統的お菓子ですが最近は日本でも名前が知れてきているようなので詳しい説明は省略。


f0176612_0493878.jpg
フェーブという小さな陶器の人形がこの中に入っているので、誰かが人数分に切っている間はついつい全員が注目・・・
そしてめでたくフェーブが入っていた人が王様/王女様になり王冠を頭に024.gif


昔はフェーブといえば宗教色の強いものも多かったようですが最近は、、、
f0176612_0531670.jpg
カリメロ


f0176612_0534888.jpg
ラ・メゾン・ド・シャーロット(シャーロットの家?)というアニメ(?)のキャラクター?

などなどバラエティーにあふれていて、どんなフェーブが出てくるのかも新しい楽しみになりそう♪
このフェーブをコレクションしている人も多く骨董市場でもよく見かけます。
[PR]
by deliciousnice | 2010-01-14 01:32 |

ちょっと素敵な信号機

うちの近所にある信号機
f0176612_16574969.jpg


ある日きづいたら




f0176612_1712742.jpg
信号が赤になると♡の形に!
なんだか素敵!


誰かが黒いテープをはって♡の形にしたようですが
公共物だし車が多い道にあるのでいつか市とか警察にはずされちゃうのかな、、、と思っているけれど、とりあえず2ヶ月ぐらいこのままでちょっと嬉しいです。



f0176612_1752631.jpg
さらに別の場所でも発見。



何気ない信号待ちの間ついつい笑顔になってしまうのでグッドアイデアかも。
[PR]
by deliciousnice | 2010-01-07 17:14 | ニース

ラビオリ

うちのおばさんが作るラビオリは天下一品!

f0176612_1655630.jpg
話にだけはいつも聞いていたラビオリの席によんでいただきました。



f0176612_16563525.jpg
親戚一同・友人たちが口をそろえて絶賛するのも納得。

ラビオリの中に入っている南仏名物のドーブという牛のほほ肉のワイン煮は柔らかくてジューシー、トマトソースもどうやって煮込むとこんな奥深い味になるのでしょうか。

何十年も作り続けているおふくろの味という感じで本当に美味しかったです。



f0176612_1721479.jpg
そんなわけでラビオリを食べ過ぎさすがの私もチーズまでは無理。
でも最後にサラダをちょっとだけ、、
と食べたのは自宅の菜園で育った野菜に塩・胡椒・お酢・オリーブオイルのシンプルな味付け。
これがまた絶品!
結局こちらもおかわりしてしまいました。



f0176612_1755725.jpg
本格的な菜園
サラダも美味しいわけです。
[PR]
by deliciousnice | 2010-01-05 17:12 |